メインイメージ

Suspect report


被疑者情報

氏名 麻倉ミカゲ

住所不定 年齢不詳

 

南大阪、天王寺周辺にギターを持ち出没、徘徊する。またインターネット上

においては様々なカテゴリのあらゆるジャンル上に脈絡無く出現する。

一度ギターを弾き歌い出すと周囲が聞いているいないに関わらず、延々と弾

き歌い続けるため、「その様な状況に陥らない為」の対応マニュアルの早急

な作成、一般化がまず第一に最重要課題である。(インターネット上におい

ては今現在のところ「文字を打ち画像を編集する」のみに留まり、「無視」

をすれば無問題と思われる。正し将来的に「楽曲を配信する可能性」も案じ

られており警戒、監視は必要である。)


幼少期、成長期、特に思春期の宗教的なトラウマの為社会性が大きく欠如し

ており、又、その後の屈折し紆余曲折した社会生活、人間関係の中で大きく

歪められた精神性は閉じられた様に大きく破綻しており、仮に彼にイデオロ

ギーがあると仮定するとすれば、それは「アブノーマル」である。「彼の目撃

者達」の証言によれば、彼が論理的に話す言語の大方は「著しく感情的」で

あり、自からの主張が通らない際にギターを振り回して暴れる、大声でわめ

き散らす等の蛮行に至っては確信犯的であり更生の可能性は皆無である。


ギターの弦を購入する程度の資力もあるとは考え難く、まともな演奏技術を

身につける機会はすでに完全に失われているというのが大方の見解であるが

、本人自身は「自分は偉大なアーティストでありギタリストでありシンガーである

」との強い「自負めいたもの」を持っているというのが彼に関わった数多くの目

撃者達の共通した認識である。


この様な非現実的、非常識的なパラノイアこそが当被疑者の最も深刻な危険

性であり、それぞれの案件に付いて各分野、各方面からのより慎重で深遠、

精細な調査、分析、考察が急務である。


各部署の健闘を要請する。以上。




Photographies

MIKAGE NOTE

>aibum

スキゾフレニー

>aibum

minus

>aibum

MIKASAGUITSON


>aibum

誰も知らない春
(スキゾフレニーより)


>aibum

GSX-400S KATANA


>aibum